パリ日記② 2007.5.16-17

2007.5.16
韓国2日目。
目が覚めると、友人はすでに朝ごはんの支度を整えてくれていました。
トックという、韓国のお餅が入ったスープと白米、
キムチとしょうゆ味の漬物、それから韓国海苔が並んでいました。
韓国のお餅“トック”は細長く棒状のものを斜めに切り落としたひとくちサイズで
日本のお餅より粘り気が少ないので、食感も胃にも軽いです。
このスープはお正月に食べるそうで、日常的に好んで食べる人もいるそうですが、
この日は特別に私たちのために作ってくれました。

c0082904_1521374.jpg

c0082904_2234612.jpg


朝ごはんを食べているうちに、雨が降り出し嵐になりました。
残念ながら屋内でショッピングを楽しむことに。
町を歩いていると、ほんとうに日本とほとんど変わらない景色です。
でも、流行や服の色の組み合わせなどは、少し違うかな・・・
ウィンドーショッピングを楽しみながら、人間ウォッチングもしてしまいました。

遅めのお昼ご飯はトッポギを食べに行きました。
浅い鍋に野菜やトック、かまぼこ、麺が入っていて、
スープと辛い調味料で煮詰めていく料理。
すでに煮込んだものが出てくるお店が多いらしいのですが、
このお店はすべての材料が鍋に乗って運ばれてきて、
テーブルのコンロで煮込んでいきます。
だんだん似詰まってきて味が変わっていくのが楽しめるのでよかったです♪
最後は辛くて、顔が真っ赤になっていたそうですが・・・(笑)

c0082904_22382529.jpg

c0082904_1534529.jpg

c0082904_1542350.jpg


どうしても韓国海苔だけは買いたかったので、スーパーへ。
また例のデパートガールならぬ、スーパーマーケットガールがいました!
海外旅行へ行くと、私は必ずスーパーや市場に行きます。
その国の人たちの日常を、日常の食を見れるから。
免税店やデパートよりも、ずっとずっと私には魅力的なお店です。
他にもいろいろ買ってみたいのを、今回はがまんしました。
パリでのお買い物が待っているので♪

友人のご両親のお宅へごあいさつに寄りました。
ソウルの人々はほとんどの人がマンション住まいなんだそうです。
香港もそうですね。日本も東京や大阪の中心部はそうでしょうか?

夜ご飯はあまりおなかが空いていなかったので、
ご両親のお宅でデリバリーを少し取ってくれました。
中華、と聞いていたのに、届いたのは韓国料理に見えます。
韓国に来たなら、本場の味を!と思っていましたが、
思わぬところで韓国風中華料理を食べる機会があって、おもしろかったです。

c0082904_22345597.jpg


お父さんが「私はデリバリーは好きじゃないので、魚と野菜を」と
お母さんが手料理を準備し始めたので、キッチンに入って見せていただきました。
おなかがいっぱいのはずなのに、がまんしきれなくて、つまみ食いさせてもらいました(笑)
やっぱり家庭の味は最高!
次回韓国に来るときは、もっと家庭料理を食べてみたいです。

c0082904_1562172.jpg


2007.05.17
今日はもうパリへ移動する日です。
友人がまた早起きをして朝ごはんを用意してくれていました。
お肉を食べなかったので、と朝から豪華にお肉料理が出てきました。
それから昨夜からコトコト煮込んだわかめスープ
韓国では妊婦が毎日飲むとよいとされている、栄養たっぷりのスープです。
だしを取るのに、手間ひまかかっています。

c0082904_22355846.jpg

c0082904_22362059.jpg


韓国ではご飯茶碗を左に、お味噌汁のお碗は右に、
間にお箸とスプーンを置くのが正しいのだそうです。
スープを飲んだり、汁をご飯にかけていっしょに食べたりすることの多い韓国では
長い柄がついて、先の丸いスプーンが欠かせませんね。
ちなみに友人の家では日本式のお箸を使っているので、韓国式のお箸は金属製です。

愛情たっぷりの朝ごはんをしっかり食べて、パリへと旅立ちました。
もちろん機内では、ピビンバをしっかり食べました。
次回からは、いよいよパリの日記をお届けします。お楽しみに!

お問い合わせは・・・
Pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
petite_ayako@excite.co.jp
[PR]
by petite_ayako | 2007-05-29 02:03 | histoires お話 | Comments(0)
<< Petite Ayakoの小さ... パリ日記① 2007.5.15 >>