<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

フランス旅行記⑧ Lecreuil

旅行記、すでに8回目を迎えましたが、
実はまだ2日目までしかアップできてません(笑)
いつまで続くのか心配になってきましたが、
みなさま最後まで辛抱強く、どうぞおつきあいくださいませ☆

3日目、やっぱり夜中に雨が降っていました。
春のお天気ですね。
この旅行中、ずっと小雨と曇と少しの晴れ間の繰り返しでした。

朝から、今回いちばんの期待大だったパティスリーへ。
高級住宅地の17区は、町並みが違います。

c0082904_0525657.jpg

c0082904_0532028.jpg


トゥレトゥールの老舗「ホテル・エ・シャボ」シェフパティシエを務めたシェフのお店です。
地元のフランス人にもかなりの人気があるようです。
残念ながら店内は撮影禁止だったので、
洗練されたケーキたちが並ぶショーケースの写真がありませんが、
どれもおいしそうで、目移りしてしまいました。

c0082904_0545362.jpg


高級感はありますが、敷居が高いかんじはなく、
マダムも気さくに私の質問に答えてくださいました。
スタッフ全員の接客がとても気持ちいいお店でした♪

c0082904_0553338.jpg

** Tarte Poire-Framboise **

フランボワーズの果汁でコンポートした洋梨のタルト。
土台はパータ・フォンセにピスタチオ風味のクレーム・アマンドです。
そのアイデアと、デコレーションの斬新さにただ驚くばかり!
味がぼやけやすい洋梨がフランボワーズの酸味できゅっと締まっていて、
柔らかすぎない触感も、完璧でした!

c0082904_0555735.jpg

** Bombe Cappcino **

コーヒー風味のババロワの中に、ミルクチョコレートのムースと
マカダミアナッツとビスキュイ・ショコラが入っています。
シナモン風味のサブレのデコレーションがかわいいですね。
ナッツの触感が楽しいけど、ババロアのミルク感が少し強いかな~と思いました。

c0082904_0562281.jpg

** Confiture de quetches **

クエッチという、プラムの仲間のフルーツのジャム。
まだ空けてないので、これからのお楽しみです♪

c0082904_0565374.jpg

** Chausson aux pommes **

ショソン=スリッパの形をした、ヴィエノワズリー。
さくさくデニッシュ生地は、さすがパティスリーのパン!
手作りのやさしいりんごのコンポートがたくさん詰まっていました。

全体的に非常にレベルの高いお店です。
次はショコラ系のケーキを食べてみたいです。

c0082904_0572397.jpg


■Lecreuil(ルクルイユ)
 96, rue de Levis 75017
 TEL: 01.42.27.28.27
 Metro: (2)Ternes

 
お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-30 23:59 | france フランス | Comments(0)

フランス旅行記⑦ Miroir 

2日目の夜は、パリに住む友人に
おすすめのビストロへ連れて行ってもらいました♪

モンマルトルにあるので、サクレクール寺院の前を通って・・・
晴れた日には、無性にここに来たくなる、思い出の場所です。

c0082904_2331680.jpg


昨年オープンしたばかりのお店は、オーナー夫妻がソムリエだそうです。
人気はぐんぐん上がってきてるそうで、この日も平日にも関わらず満席でした。

c0082904_2334792.jpg

** アミューズ・ブッシュのリエット **


c0082904_2341382.jpg

** フォアグラのテリーヌ(私1皿目) **

ねっとり濃厚だけど、なめらかでしつこくない、すばらしいフォアグラでした♪
友人も、人生の中で5本の指に入るフォアグラだと言ってました。

c0082904_2344553.jpg

** えんどう豆のスープ(友人1皿目) **

スープ皿にえんどう豆がぽつぽつと乗ってあるものが最初運ばれてきて、
え??と思ってると、サービスの方がスープを注いでくれました。
豆は酸味の効いたスープで別ゆでしてあり、手間隙かかってます。

c0082904_2351470.jpg

** マグロのサラダ(だったかな?) **

サービスで出してくださいました!

c0082904_236953.jpg

** 豚肉の・・・(名前忘れました。。)(私2皿目) **

お肉は、塩がよく効いていてボリュームたっぷりでちょっと苦しかったですが、
コクがあり、パリッとした表面の焼き加減が絶妙でした。

c0082904_2363911.jpg

** 子羊のもも肉(友人2皿目) **

付け合せの春野菜が色とりどりで目にも楽しいお皿でした。
お肉がやわらかい!

c0082904_2371196.jpg


ワインはいつもオーナーに選んでもらうそうで、このときもお任せにしました。
鼻を押してくるほどに香り豊かなワインで、おいしかったです♪

c0082904_2374436.jpg

** ピニャコラーダのグラスデザート **

ココナッツムースとパインのトロピカルなデザートでした。
おなかいっぱいでしたが、これは食べれました~。

c0082904_238829.jpg


■Miroir(ミロワール)
 94 rue des Martyrs 75018
 TEL: 01.46.06.50.73
 Metro: Abbesses
 定休日: 日曜夜、月曜

 
ぜひまた行ってみたいお店です!
おいしいお店をたくさん知ってる友人。
これからもおいしい情報頼りにしてます♪

お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-29 23:08 | france フランス | Comments(0)

5月ももう終わり!

あっという間に5月も終わりですね。
本来のこの時期の陽気がまだ足りない気がするので、
もう6月だなんて信じられません。

さて、今週末も通常通りパティスリーを営業します。

ケーキのメニューは

マシェリ(チョコレートとオレンジのムース。スペシャリテです。)
ボル・ドゥ・カフェ(コーヒームース)
清美オレンジのカスタードタルト
シフォンロール・白桃ジャム&ヨーグルトクリーム
プラリネ・ブッセ
きまぐれトライフル



みなさまのお越しをお待ちしております。

営業日&時間:5月29日(金)30日(土)15~18時


お問い合わせ・ご予約は・・・
Pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-29 00:34 | information お知らせ | Comments(0)

フランス旅行記⑥ パリの道具屋筋

Les Halles(レ・アール)のまわりは、
料理・製菓関係のお店が集まる地区です。
大阪で言うと、道具屋筋のようなかんじでしょうか。

まず、真っ先に向かったのは、Matfer(マトファー)社の製品が揃う、
私にとっては宝の山のこのお店。
日本で買うより半額~1/3の値段で買えるので、買わなくちゃ損!と思ってしまいます。
店員さんも親切で、探しているものを伝えると、丁寧に案内してくれます。

こんなにいっぱい買っちゃいました☆
銅ボウルは、今までもっていたのより一回り小さいので、
レッスンでも使う機会が出てきそうです。

c0082904_23574858.jpg


c0082904_002787.jpg


■MORA(モラ)
 13, rue Montmartre 75001
 TEL: 01.45.08.19.24
 定休日:日曜
 http://www.mora.fr/


教室で履いているサボ(底の厚い、かかとのない調理場での靴)は
MORAではサイズがなかったので、もう一軒へ。
新調したサボは、また教室で見てくださいね♪

パーティに使えるものがたくさん揃っています。
プラスチックだけど金や銀色の大皿や、小さなグラス、綺麗なレースペーパーなどなど。
おうちでのおもてなしに使えそうなものが豊富なので、おすすめです。

c0082904_01236.jpg


■LA BOVIDA(ラ・ボディダ)
 36, rue Montmartre 75001
 http://www.labovida.com/



その他、近辺で器具が揃うお店を紹介します。


レストランなどで使う白磁やグラスなどの種類が豊富で、
荷物に余裕があれば買いたいなといつも思うのですが、いつも断念します(笑)

■A.Simon(ア・シモン)
 48-52, rue Montmartre 75002
 TEL: 01.42.33.71.65
 定休日:日曜
 http://www.simon-a.com/


器具と銅製のお菓子の型もたくさん置いています。

■E.Dehillerin(ウー・ドゥイルラン)
 18,rue Coquilliere 75001
 TEL: 01.42.36.53.13
 定休日:日曜
 http://www.e-dehillerin.fr/



そして、プロも御用達の材料やさん
私は金箔とピスタチオのペーストを買いました。
日本では金箔は小片が瓶に入っているタイプが多いのですが、
フランスでは、8cm四方くらいのシート状になったものが多いです。
ピスタチオのペーストは、日本で買うと高いので・・・かなりお得です!
レッスンでも近いうちに使いますね。

c0082904_014725.jpg


c0082904_021474.jpg

c0082904_024012.jpg

c0082904_0378.jpg


■G.Detou(ジ・デトゥ)
 58, rue Tiquetonne 75002
 TEL: 01.42.33.96.43
 定休日:日曜

 

お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-28 00:04 | france フランス | Comments(0)

バラ♪

生徒さんが、お庭で育てたバラを持ってきてくださいました。
とってもかわいいピンク!
ラフに束ねたかんじが、すごく雰囲気あって感激しました。
ありがとうございました♪♪

c0082904_2359255.jpg


お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-26 23:59 | vie 日常 | Comments(0)

フランス旅行記⑤ Blé Sucré

12区のパティスリー2軒目は、
前回(2年前)はじめて訪れたときに、お気に入りになったお店です。
私のパリでのパティスリー・ランキングの3位以内に入るかも!!

シンプルで清潔感あふれる店構えは、
そのよさが、お菓子にもそのまま表れています。
シンプルなものは、ごまかしのない美しさ
そして、計算しつくされたバランスのよさでもあります。

c0082904_21443081.jpg

c0082904_21445580.jpg


つい数十分前に、ボリュームのあるケーキを食べてしまったのと、
いつもの私ならそれくらい平気なのですが、
長旅と時差ぼけの疲れで食欲がなかったので、
2つ食べたいところを、ひとつに絞ることにしました・・・
(今考えたら、3つ食べたいです!!)

偶然店頭に出てこられた、日本人の従業員の方と少しお話ししたあと、
マダムにオススメを相談して、イチオシのこちらに決定!

c0082904_21452560.jpg


サクサクと軽いサブレ生地のタルトに、
カリカリのフィユティンヌ&プラリネショコラ、
そしてねっとりとしたショコラのクレームー。
触感の違いが楽しい、絶品タルトでした。
マダムのオススメ通り、コーヒーとぴったり合います。
公園に面したテラスでいただけるのもいいですね。

ふと店内を見ると、マダムがせっせと拭き掃除をしてらっしゃいました。
お店はますますぴかぴかに☆
気持ちいいですね!

c0082904_21454979.jpg

c0082904_2146925.jpg


バゲットがとってもおいしそうだったのですが、
食べれそうになかったので断念し、
これまたとってもおいしそうなパン・オ・ショコラを次の日の朝ごはんに買いました。

c0082904_21491291.jpg


パティスリーのビエノワズリー(クロワッサン、ブリオッシュなど甘いパン)は
根本的にバターの量がブランジェリー(パン屋さん)とは全然違います。
期待通りのおいしさで、翌朝幸せな気分でいただきました♪

c0082904_2147947.jpg


■Blé Sucré(ブレ・シュクレ)
 7, rue Antoine Vollon
 TEL: 01.43.40.77.73
 7h00-19h30
 休:月曜日


お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-26 21:47 | france フランス | Comments(0)

フランス旅行記④ La Muscadette

この日は12区のパティスリーを2軒はしごしました♪

1軒目は、2006年にオープンしたLa Muscadette
シェフは「トロワグロ」「ピエール・ガルニエール」出身の
Sébastien Dégardin(セバスチャン・デキャルダン)です。

c0082904_23223453.jpg


新しいお店なので、流行のお菓子を想像して訪れたら、
クラッシックなお菓子や、地方菓子も並ぶ、地元の人気店という雰囲気でした。
平日の午前中にも関わらず、ひっきりなしにお客さんがやってきます。

フランスらしいデコレーションのアントルメ。

c0082904_2322514.jpg


Petite Ayakoのレッスンメニューになっているようなお菓子もたくさん!
(流行のお菓子が並ぶお店にはないので、思わず嬉しくなってしまいました☆)

c0082904_23231074.jpg

c0082904_23233442.jpg

c0082904_23243062.jpg


クラッシックでボリュームもあるけれど、やぼったくない絶妙なデコレーションですね。

c0082904_2325872.jpg


ランチにポワロー(ネギの一種)のキッシュとケーキをひとつ買って、
近くのベンチで食べました♪
お天気も良くなってきたので、気持ちよかったです。
通りがかりの人に「Bon Appetit!」(ボナペティ=召し上がれ!)と言われるのが
フランスらしくて、好きです。(日本じゃ言わないですよね~)

c0082904_23253745.jpg


フランスのパティスリーでは、簡単な箱にケーキを入れて、
紙で三角に包装してくれるのが一般的です。
ぶらさげる紐をつけてくれるところもあります。
パリではオシャレでしっかりした箱に入れてくれるところも増えましたが、
保冷剤はどこも入れてくれません。

c0082904_23255537.jpg


ケーキはマダムにおすすめを聞いてみたりしたものの、
今月、シューのレッスンをしてるせいか、
どうしてもシューのお菓子に目が行ってしまい・・・(笑)
religieuse(ルリシューズ)という、修道女の形を現したシューのお菓子にしました。
ピスタチオ味で、中はカスタード、上にはフォンダン、飾りはバタークリームです。

c0082904_23261750.jpg

c0082904_23263670.jpg


しっかり焼けたシューとピスタチオの風味が濃厚でしたが、
フォンダンもしっかりかかっていて、さすがの私も甘さにちょっと参りました☆

でも、こんなクラッシックなパティスリーが現代でも新しくオープンし、
支持され続けるフランスのお菓子の文化はすばらしいなと思います。

■La Muscadette(ラ・ミュスカデット)
 29, Bd de Reuilly 75012
 TEL: 01.43.07.77.59


お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-25 23:28 | france フランス | Comments(0)

フランス旅行記③ アラブ菓子

カフェで元気を取り戻したあとは、お散歩しながらパティスリーめぐり!

Café Charbonのすぐ近くには、アラブ菓子のお店があります。
北アフリカからの移民がたくさん住むパリでは、こういったお菓子をよく見かけますが、
ここは格段に上品です。

c0082904_072051.jpg


私も昔、トルコを訪れたときに食べたことがありますが、それはそれは甘くて・・・
でも、暑い国では甘いものでエネルギーを摂るという考えのもと、
お砂糖いっぱいのお菓子が生まれたので、甘くて当然なんです。

c0082904_074858.jpg

c0082904_08947.jpg


今回はおなかに余裕がなくて食べれませんでしたが、
ここのバクラワ(パイの間にナッツを荒く砕いたものを挟んでオーブンで焼き、
シロップにたっぷりつけて、小さい四角に切ったお菓子)をはじめ、
どのお菓子も甘いけどしつこくなくて、オススメです。

c0082904_0121786.jpg

(参照:フランス在住時に食べたバクラワ)

■ La Bague de Kenza
106, rue Saint-Maur 75011 Paris / tel: 01 43 14 93 15
173, rue du Faubourg St Antoine 75011 Paris / tel: 01 43 41 47 02
233, rue de la Convention 75015 Paris / tel: 01 42 50 02 97
7, avenue Charles de Gaulle 91600 Savigny sur Orge / tel: 01 69 44 39 29


お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-24 23:14 | france フランス | Comments(0)

フランス旅行記② お気に入りのカフェ

友人が合流するまでの2日間で、いろんな用事を済ませておこうと
リストを片手に、ルートまで考えていたのですが・・・
初日の夜中、突然大雨が降り出し、朝起きるとお天気はどんより。
おまけに時差ぼけで思うように体が動き出しませんでした。

こんなときは!
と、まずはお気に入りのカフェで朝ごはんを食べることにしました。

かつて住んでいた11区の、
カフェがたくさんあることで有名なオベルカンフ通に向かいました。

なつかしいヴォルテール通。
私はこのひとつ先の駅のところに住んでいました。

c0082904_0362848.jpg


歩いている途中で、小さなマルシェ(朝市)がやっていました。

c0082904_036546.jpg


ここは劇場を改装したカフェで、当時の面影が残る内装と、
古びた雰囲気がすてきです。
客層もさまざまで、このときは英語を話す観光客もいれば、
店員さんと親しく話す常連さんもいました。

c0082904_0374575.jpg

c0082904_03837100.jpg

c0082904_0391191.jpg


カフェクレーム(カフェオレ)とタルティーヌを注文。

c0082904_03936100.jpg


タルティーヌというのは、フランスパンをタテに切って、
ジャムやペーストを塗ったもののことです。
(ペーストそのものをタルティーヌと呼ぶこともあります。)
ジャムは市販品でしたが、パンがざっくりとしたハードタイプでおいしい!

c0082904_0401689.jpg


居心地が良くて、日記を書きながらゆっくりカフェタイムを楽しみました。
フランスは、時間が流れるのがゆっくりです。
あくせく観光やお買い物をするよりも、
こんな時間をすごすのもパリならではの贅沢ですね。
充電したら、元気が出てきました!

パリのカフェでは、週末になるとブランチメニューを置いているところも多く、
いつかこのカフェでもブランチしてみたいな、と思っています。

c0082904_037229.jpg


■Café Charbon(カフェ・シャルボン)
 109, rue Oberkampf 75011
 TEL: 01.43.57.55.13
 Métro: (3)Parmentier


お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-23 23:58 | france フランス | Comments(0)

フランス旅行記① ムール貝

フランスから帰国してはや3日が経ちました。

実は今回は行きも帰りも時差ボケがひどく、
日記にもなかなか手をつけられませんでした・・・
楽しみにしてくださってる方もたくさんいらっしゃるのに、
遅くなってすみませんでした!

これから少しずつアップしていきますので、
どうぞ最後までおつきあいくださいませ♪

友人は休みの日数が足りなくて、あとからの合流だったので、
最初の2日間はひとり旅でした。
ひとりでパリに降り立つのは3回目でしたが、
2年ぶりの訪問にどきどきとワクワクでいっぱいでした。

夕方の到着でしたが、フランスの夏は日が長いので、
着陸直前でもまだこんなに空が明るく、下に見える大地がとても綺麗です。
春は21時ごろ、真夏だと22時すぎても明るいです。
その代わり、冬はぐんと短いんですけどね。

c0082904_045183.jpg


初日からさっそく友人と約束をしていていたので、
夜遅くまで開いているレストランへ行きました。
フランスの代表的なお料理、ムール貝

c0082904_052486.jpg


フランス人は空になった貝殻を使って、
ムール貝の身を取り出します。
フォークやスプーンを使うより、掴みやすくて便利です。

ムール貝と食べるときのお決まりの付け合せは、山盛りのフライドポテト
貝とポテトを繰り返し食べていくと・・・だいたいの人は飽きます(笑)
私も例に漏れず、ですが、でも意外と食べれてしまうんですよね。

私の友人(料理人)は、この倍量のムール貝を自分で料理して、
一気に全部平らげたそうな・・・


■Leon de bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)
 http://www.leon-de-bruxelles.fr/
 *パリ市内にはシャンゼリゼ、オペラ、モンパルナス、
   バスティーユ、レ・アール、リュプブリックなど9店舗あり



お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2009-05-22 23:58 | france フランス | Comments(2)