人気ブログランキング |

フランス旅行記2012(24)Au Fidèle Bergerで朝食

アヌシーでの朝食は楽しみにしていたパティスリー&サロン・ド・テへ。
テラスで朝食を楽しむ人でにぎわっていました。

c0082904_382943.jpg


店内も大忙し!
ショーケースには、クロワッサンやブリオッシュなどのヴィエノワズリ(パン)、
パーティ用のミニサイズのケーキ、ホールケーキ、チョコレート、マカロン・・・
などなど、次々並べられていました。

c0082904_384250.jpg

c0082904_39118.jpg

c0082904_391692.jpg

c0082904_392964.jpg

c0082904_395463.jpg


隣の席のマダムたちは、
タルティーヌ(バゲットをたてにスライスして、ジャムなどを塗ったもの)を
食べていて、そちらもおいしそうだったのですが、
パティスリーではやっぱりヴィエノワズリ・・・!!と思い、
さらにパン・オ・ショコラや、ショソン・オ・ポム(りんごのパイ)なども
魅力的で悩んだのですが・・・シンプルにクロワッサンとブリオッシュにしました。

c0082904_310952.jpg


クロワッサンもとってもおいしかったのですが、
ブリオッシュのおいしさにはびっくり!!
もともとバターがたくさん入っていてリッチなパンですが、
少し乾いた食感なことが多いのですが、これはしっとり。
そして、バターもしつこすぎず、上質の味わい。
いままで食べたブリオッシュの中で、ダントツのおいしさでした!
今思い出しても、もう一度食べたい、最高のブリオッシュでした。

そして、もうひとつ楽しみにしていたのが、
サヴォワ地方の伝統菓子「ビスキュイ・ド・サヴォワ」
朝いちには店頭に並んでいなかったのですが、
聞いてみると、もうすぐ焼きあがるということで、
わくわくしながら待ち焦がれました。

ビスキュイ・ド・サヴォワは本来、銅製の立体的な型で焼くのですが、
このお店ではシンプルなマンケ型(ジェノワーズ型より口が少し広くなった丸い型)
で焼いています。

c0082904_3103125.jpg


今食べたいことを伝えると、
2切れだけカットして、残りはフィルムで包んでくれました。

c0082904_310442.jpg


外は少しかりっと、中はしっとりふんわぁり。
バニラの香りとお砂糖の甘さが口いっぱいに広がり、
初めて食べるのにどこか懐かしい味がしました。


他のパティスリーやパンやさんでも探しましたが、
ビスキュイ・ド・サヴォワを売っていたのはここ1軒だけ。
伝統菓子といえど、どこのお店でも売っているわけではないんですね。
日本でネットで調べたときは、他でも売っているという情報だったのですが、
もしかしたら、今はあまり見かけなくなったのかもしれません。
伝統のおいしさを、これからも残し続けてほしいものです。

c0082904_311111.jpg


■Au Fidèle Berger(オ・フィデル・ベルジェ)
 2 rue Royale
 TEL: 04.50.45.00.32
 定休日:日、月曜日


お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
by petite_ayako | 2012-08-13 23:58 | france フランス
<< フランス旅行記2012(25)... フランス旅行記2012(23)... >>