人気ブログランキング |

パリ日記① 2007.5.15

旅の想い出を忘れないうちに、お伝えしたいと思います!
日を追って、おすすめのお店など紹介させていただきますね。

2007.5.15
朝早く関空から出発。
実はパリの前に、韓国へ寄り道をしていました。
辻製菓専門学校のときの韓国人の友人が韓国に帰ったので
ぜひ遊びに行きたいと思っていたら、たまたまパリ行きの飛行機が大韓航空に決定。
彼女との再会が叶いました!

ソウル・インチョン空港まで迎えに来てくれ、隣には大きくなった娘さんと妹さんが。
(日本へはダンナさまの留学についてきて、
 その間に出産・育児をこなしながらお菓子の勉強をしていた彼女!)
車で街中を案内してくれました。

デパートの駐車場に車を停めることになり、驚いたのがデパートガールです!
日本だと駐車場内を案内するのはたいていおじさんですが、
韓国のデパートは若い男女(特に女性)があちこちにいて、
ものすごく丁寧に案内してくれます。
入り口の駐車券発券所では、まずバレリーナのように一礼したあと、
両腕を使って、美しい腕&手つきで駐車券を渡してくれます。
1台1台、毎回同じ動き!
その美しい動きが、大げさで思わず笑ってしまうほど。
駐車場内にはうまくバックでパーキングできない人のために、
運転代行をしてくれる人までいます。
友人に聞くと、デパートでは若くてきれいな人しか働けないそう。
その後、大型ショッピングモールやスーパーマーケットでも駐車しましたが、
このデパートほど丁寧でないにしろ、同じような動きをする案内係がいました。

ソウルの街中は、日本ととてもよく似ていました。
明洞(ミョンドン)に行ったのですが、お店も日本とたいしてかわらないし、
街路樹も似ているし、あちこちで日本語で話しかけられました。

c0082904_0452987.jpg


お昼ごはんは韓国のきしめん?のような麺と、餃子。
キムチは食べ放題で、なくなったら次々入れてくれます。

c0082904_0444180.jpg


そのあとクルタレ(ミツタバ)というお菓子の実演を見ました。(日本語で!)
ハチミツの塊を粉の中で細く細く糸状に伸ばして、それを衣にして中にナッツを包みます。
お菓子もおいしいけど、パフォーマンスがおもしろかったです。

c0082904_046033.jpg


友人はソウルから1時間ほど北の、Heyri(ヘイリ)という町に住んでいます。
そこは韓国のハリウッド。
自然に溶け込んだ文化と芸術の町として、大きなプロジェクトにより作られています。
文化や芸術に携わり、それを認められた人でないと、住むことができません。
映画監督や芸術家などです。
友人はお菓子という文化のカテゴリーで認められ、住んでいます。
建物は決められた建築家の設計で、奇抜な色や化学塗料は使えません。
個性的な建物があちこちにあり、観光地としてこれから開発されていくそうです。

c0082904_0463614.jpg

c0082904_0471723.jpg

c0082904_0475155.jpg


夜は近くの田舎料理のお店へ。
すぐ傍の畑で採れた新鮮な野菜がいっぱいでした!
どんぐりをこんにゃくのように固めたもの、数え切れないくらいのナムルを使ったピビンバ。
韓国の人はたくさん食べるイメージがありますが、こんなヘルシーで辛い食事だと
きっと健康にいいでしょうね。

c0082904_0481314.jpg

c0082904_0484385.jpg

c0082904_0491369.jpg


パリの日記は少しお預けになりますが、もう少し韓国の日記におつきあいくださいね♪

お問い合わせは・・・
Pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
petite_ayako@excite.co.jp
by petite_ayako | 2007-05-28 00:51 | histoires お話 | Comments(0)
<< パリ日記② 2007.5.16-17 祝☆三十路 >>