2010年 03月 28日 ( 1 )

hôtel de yoshino

生徒さんにおすすめいただいていたのに、
なかなかチャンスがなかった和歌山のレストランに、
ある日突然思いついて行ってきました☆

実はこのレストラン、4年前に受けた製菓衛生士の試験会場と同じビルで、
午後からの試験の前に、レストラン併設のカフェで食べたカレーが
ものすごくオシャレでおいしかったのを覚えています。

東京やパリにも同系列のお店があり、
関西よりも他の都市でのシェフの知名度はとても高いようです。

偶然お天気がとてもいい日で幸運でした。
ビルの12階にあるので、和歌山城を見下ろす景色が広がり、とても開放感があります。

c0082904_124125.jpg


c0082904_13217.jpg

c0082904_133367.jpg


c0082904_135291.jpg

** アミューズ①:グージェール **


c0082904_142275.jpg

** アミューズ②:寒ブリのマリネ **

前菜に寒ブリを選ぼうか迷っていたので、選ばなくてよかったです!
さっぱりさやわやかでした。

c0082904_144295.jpg

c0082904_15061.jpg

** パン **

自家製です。
パリッとハードかと思ったら、フランスパンはもっちり。
カンパーニュも粉の香りがよかったです。
何回もおかわりしたくなる、おいしいパンはお持ち帰りしたいくらい!

c0082904_151886.jpg

** チリメンキャベツ、フォアグラ、黒トリュフのテリーヌ **

まさかこんなにチリメンキャベツがメインなお皿だと思いませんでした(笑)
トリュフが大きい!!

c0082904_154156.jpg

** 足赤海老の包み揚げ カリフラワーのピュレとビスクのソース **

地元で獲れる海老だそうです。
ぷりぷりで繊細なお味でした。さすが和歌山、魚介が美味しい!

c0082904_16121.jpg

** ジビエ(猪・鹿・青首鴨・フォアグラ)のパテ・アン・クルート **

私が注文したもの。
ジビエをパテにするなんて!と感激でした。
意外にあっさりしていて、期待通りのおいしさでした。

c0082904_162693.jpg

** ごぼうのポタージュ **

ごぼうを揚げたような香ばしさのするスープでした。
量もたっぷりで、味もしっかりなので、フォン(出汁)は肉類から取ってるかも?
と思うくらいどっしりなボリュームでした。

c0082904_164611.jpg

** 本日の魚料理(鯛) **

何の鯛か忘れてしまったのですが、とても新鮮でした。
添えられた春野菜もステキです。
手前右のお野菜はロマネスコ。(ブロッコリーとカリフラワーの原種)

c0082904_171066.jpg

c0082904_1728100.jpg

** 豚足のファルシィ シェリーヴィネガーのソース **

想像とぜんぜん違うものが出てきてびっくりしました。
手間ひまかかった、コロッケのようなものでした。
味付けもしっかりしていて、2個はちょっと多かったです。。

c0082904_174652.jpg

** デザート:バシュラン **

バシュランとは、メレンゲを使ったお菓子のことです。
間はパルフェ(ババロワを凍らせたようなもの)とフランボワーズのみ。
いちばん下のコースにしたので、デザートにはがっかりしてしまいました。。
デザートだけ高いコースのを食べたかったです(笑)

c0082904_184230.jpg

** プティフール **

パートドフリュイ(アプリコット)、アーモンドチョコレート、カヌレ。
カヌレが絶品でした!!

c0082904_182351.jpg

** 紅茶 **


全体的に骨格のしっかりしたお料理で、ボリュームも多いので、
これだけで相当おなかいっぱいです。
このお料理と景色と考えたら、コストパフォーマンスはものすごくいいです。

帰りは和歌山城へ行きました。
ドライブがてら行くのをオススメします♪

c0082904_19924.jpg


■hôtel de yoshino(オテル・ド・ヨシノ)
 和歌山市手平2-1-2 和歌山ビッグ愛12階
 TEL: 073-422-0031
 http://hoteldeyoshino.com/


お問い合わせは・・・
école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[PR]
by petite_ayako | 2010-03-28 01:09 | voyage 食べ歩き | Comments(0)