人気ブログランキング |

2014年 03月 03日 ( 1 )

ウィーン菓子工房 Lilien Berg

横浜&川崎食べ歩き第二弾は、閑静な住宅地にあるウィーン菓子専門店。
関東の友人たちに何度かクッキーをいただいたことがあって、
宝石のように詰められた詰め合わせにわくわくし、
その味に感激し、ずっと行ってみたかったお店です。

新百合ヶ丘の地名から取った「リリエン(=百合)ベルグ(=丘)」です。
駅からバスを乗り継いで降りると、バス停にまで店名が書いてありました。

c0082904_173424.jpg


開店30分後に到着しましたが、すでに扉の前には人の行列が、
そして駐車場に並ぶ車の列が!

おとぎ話に出てきそうな建物は、階段の途中にある窓から厨房が覗けます。
並んでいても、わくわくしながら待てました。

c0082904_175833.jpg

c0082904_18820.jpg


こちらはお隣のサロンドテ。
2月からしばらく休業だそうで、閉まっていました。残念!

c0082904_181912.jpg


やっと中に入れると、天井にはお菓子でできた飾りが。
メレンゲで細かい細工が施されています。

c0082904_11255.jpg



c0082904_1121853.jpg

名前忘れました。。
ざっくりとした生地にチョコクリーム。
上の波打ったチョコレートが特徴のケーキです。
見た目より軽く、ヘーゼルナッツ(おそらく)のスポンジが
ミルクチョコと調和していました。
シンプルですが、生地がおいしい!

c0082904_1123952.jpg

** ドスボルテ **

「しっとりした生地の間にチョコレート味のクリームをサンド
上面のカリカリしたアメが楽しい」
しっかりとしたスポンジとチョコクリームの薄い層の重なり。
上のケーキより、クリームを食べるかんじ。
アメが確かに楽しい食感でした!

c0082904_1125398.jpg

** ザッハトルテ **

「ウィーンの代表的なチョコレートケーキ
修行時代のウィーンの老舗のレシピはそのままに
独自のテクニックで口当たりを軽く甘みを強く感じさせない様に作りました。
スイス産スイートチョコレートとフランス産カカオマスをブレンドしています。
お好みで上質な生クリームとどうぞ」
アプリコットジャムは表面のみ、しかも主張が少ないので、
酸味や甘味が特に際立っているわけではなく・・・
グラズール(上掛けチョコレート)の味も食感も控えめで・・・
本場はジャリジャリと糖化させたグラズールが特徴なのですが、
こちらのは、とにかくシンプル。
でも、確かな個性を感じるおいしさ!
しっとりでもなく、ふんわりでもない、生地感。
うまく説明できないシンプルな中の奥深さに、思わずうーんとうなりました。

c0082904_11355.jpg

** フレジェ **

「新鮮な卵黄とバニラビーンズを
たっぷり使ったコクのあるクリームと
大粒の女峰を贅沢にサンドしたケーキです」
こちらはフランス菓子ですが、どことなくフランスぽくない・・・
デコレーションもシンプルでマジパンやグラサージュもかかっていないし、
クリームもスポンジも軽い。
どちらかというと日本風にアレンジした印象。
他にもシュークリームやチーズケーキ、ロールケーキなど
日本のケーキ屋さんで定番のケーキもあったので、
それらと雰囲気が似てるかも。
いちごがフレッシュに際立っていました!

c0082904_1132119.jpg

** ミックスクッキー **

友人からいただいたとき、小さな凝ったクッキーが色とりどりに敷き詰められていて、
まるで宝石箱みたい!とわくわくしながら、夢中で食べて、
すっかりリリエンベルグの虜になってしまいました。
実家の家族と食べましたが、取り合いになりました(笑)

c0082904_1133397.jpg

** ウィナーリングリー **

「チョコレート味のサクサクリング型クッキー。
サンドのお味はいいちごとチョコクリームの2種類。」
プレゼント用に購入したので、私は食べていませんが、
おいしくてあっという間になくなったと喜ばれました。
1-3月限定だそうです。

c0082904_1135071.jpg

** ミロワール **

軽い食感の生地にアーモンドとフランボワーズジャムが乗ったクッキー。
独特の柔らかさ?軽さ?が不思議。
ウィーンのクッキーはほんとにいろいろあって楽しいです。

c0082904_114245.jpg

** ポルボローネ **

スペインの代表的なクッキーで、ほろほろと崩れ口の中ですっと溶ける食感が特徴。
こちらは和三盆を使っていて、より上品でした。

c0082904_1141926.jpg

** ガレットブルトン、エンガディナー、フィナンシェ、しあわせを呼ぶふくろう **

ナッツとキャラメルがぎっしり入ったエンガディナーがツボでした!
サブレが固すぎず、キャラメルも濃すぎず、見事なマリアージュ!!
ふくろうのクッキーはココナッツ味のサブレにチョコレートクリームがサンドされています。

c0082904_1151384.jpg

こちらもプレゼント用。
飴細工の手法のひとつ、引き飴で作る、手間のかかったキャンディー。

焼菓子はもっと買えばよかったかな。。と
帰って来てから後悔。
お取り寄せもできるので、注文しようかな!

帰りのバス停でバスを待っていると、隣に並んでいたおじい様に話しかけられました。
いつも混んでるけど、今日は特に多いとのこと。
前日にテレビに出たからだとおっしゃっていました。
あとで調べるとNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で特集されていたようです。
「街を灯す、真心の洋菓子 洋菓子職人・横溝春雄」

関西では残念ながら再放送はなかったので、観れませんでしたが、
周りに観た人が結構いて、シェフがとってもいい方で感動した~と聞きました。

季節限定のアッフェルシュトゥルーデルやモンブランもおいしいらしいです!
あぁ、また行きたいです。

c0082904_18338.jpg


■ウィーン菓子工房 Lilien Berg(リリエンベルグ)
 神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17
 TEL: 044-966-7511
 定休日:第1・3月曜日、毎週火曜日
OPEN:10:00-18:00
http://www.lilienberg.jp/


école de pâtisserie Petite Ayako(プティット・アヤコ)までお願いします。
メール      petite_ayako@excite.co.jp
ホームページ http://petiteayako.web.fc2.com/
[Facebook]
Ecole de patisserie Petite Ayako泉大津校
Ecole de patisserie Petite Ayako西宮校
by petite_ayako | 2014-03-03 23:48 | patisseries パティスリー